インデラルを飲んではいけない人とは

インデラルを飲んではいけない人とは

インデラルは、あがり症の抑制に効果があるということで個人輸入などで入手する人も多いですが、インデラルは飲んではいけない条件がたくさんある薬なので、かなり慎重になる必要があります。

 

禁忌とされている主な項目は以下の通りですが、自分で知らない間に何かの禁忌に触れている可能性もあります。
基本的には医師の判断で管理されるべき薬なのです。

 

・気管支喘息または気管支痙攣のおそれのある人

 

・高度な症状の徐脈、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある人

 

・糖尿病性ケトアシドーシスまたは代謝性アシドーシスのある人

 

・心原性ショックの人

 

・肺高血圧による右心不全のある人

 

・うっ血性心不全のある人

 

・低血圧症の人

 

・長期間絶食状態の人

 

・重度の末梢循環障害のある人

 

・未治療の褐色細胞腫の人

 

・異型狭心症の人

 

・チオリダジンを投与中の人

 

・マクサルトを投与中の人

 

明らかにすでに大きな疾患は本人にも自覚があるとしても、例えば気管支炎などは、インデラルを飲むと気管支が収縮してしまい喘息の発作が出てしまう可能性があります。

 

最近では成人でも気管支を患っている人が増えていますので、自分は大丈夫だとは言い切れませんね。

 

また低血圧症の人も、程度問題だと思っていて自分がそこまで深刻な状態だとは知らない人もいます。
献血に行って断られて、始めて気付いたという人がいるくらいです。

 

また、長期間絶食状態でなくても極度のダイエットなどで通常より非常に血糖値が下がっている状態を甘く見ると大変なことになる可能性もあります。薬は毒にもなることをしっかり認識しましょう。