インデラルとは

インデラルとは

インデラルというのは、一般名をプロプラノロール塩酸塩という薬です。

 

病院で処方されたことがあるという人は、血圧を低下させるためだったり、狭心症の発作を予防するためだったり、頻脈性不整脈を抑えるためだったりするかもしれません。片頭痛の治療薬としても知られていますね。

 

このインデラルを、あがり症の抑制のために使うという利用者が増えていると言います。

 

緊張した時の動悸の激しさを抑えるためで、インデラルが心拍数を低く抑えるはたらきを利用できないかといったものです。
不安を感じると人間は脳からアドレナリンを放出し、心拍数を極端に上げます。

 

これは、野生の中で逃走するため、外敵との戦いのために身体能力を極限まで高めるための生理現象であって、誰にでも備わっている本能です。でもプレゼンや発表、スピーチのたびに、そのような戦闘態勢になるのは非常に苦痛ですし、必要のない作用ですね。しかも身体本位になると思考は低下しがちですから、思ったようにうまく話せないということにもつながってしまいます。

 

不安を感じやすく、心拍数が上がりやすい人、それによって酸欠状態になってしまう人や体調に不具合が出てしまう人は、なんとかしかこの現象を無くしたいと願っています。緊張した時は深呼吸しろとよく言われますが、度を越している人の場合、深呼吸は過呼吸につながるリスクもあるので心配ですね。

 

ただし、インデラルの効能にあがり症が含まれているわけではありませんので、専門医にかかっている場合には主治医の指示に従ってください。