インデラルのジェネリック

インデラルのジェネリック

インデラルにもジェネリック医薬品が存在します。

 

名前はカルデノールで、価格はやはりインデラルよりは安くなっているようですね。ただ、もともとインデラルはさほど高い薬というわけでもないため、あまり価格差にこだわる意見もないようにも見受けられます。

 

インデラルも開発された当初はかなり高額な薬であったことは間違いないでしょう。
でも世界的にかなり広く普及していて、薬価もこなれてきているのではないでしょうか。

 

アメリカではなんとコンビニで売られているような薬だと言いますから、あまり価格に苦しめられるような存在ではないのかもしれません。日本で言うと一般のドラッグストアでかなり安価に販売されている頭痛薬のような感覚かもしれません。

 

医薬品のジェネリック品に関しては、インデラルやカルデノールに限らず主成分は先発の医薬品となんら変わらないものの、やはり効き方になんらかの違いを感じる人が多いようです。

 

ジェネリック品は添加物などの規制はないため、微妙な差で効くスピードに違いがあったり、胃腸での溶け方に違いがあったりすることはあります。当然錠剤の作り方も違うわけですし、同じなのは主成分だけですから、やはりまったく同じものというわけにはいかないものです。

 

薬を服用している人は特に敏感なので、飲んだ感覚がいつもの薬と違う、と感じるとなかなか受け入れにくいということもありますね。相当な価格差がないと、やはりなかなか浸透しないのかもしれません。