治療で良くなるあがり症

治療で良くなるあがり症

あがり症を克服するためにどこの科を受診すれば良いの?
その答えは、精神科や心療内科などが一般的と言えます。

精神科や心療内科は、主に心の病を治療してくれます。
精神障害、パニック障害、鬱、そしてあがり症などを患っている患者さんがたくさん受診しています。

初めて行く人にとっては少し抵抗を感じてしまうかもしれませんが、
1度行ってしまうとあまり気にもならなくなるでしょう。

クリニックによっては家族や知人にバレないようにいろいろと策を練ってくれるところもあるようです。
あがり症で受診した場合、どのように治療を進められるのか、
それはクリニックにもよりますがまずはどういった症状が出るのかカウンセリングを行います。

だいたいの症状が掴めたらその後の診察をどのように進めるか決めていくのですが、
もし医師が症状が軽いと判断したら薬を処方せずに「○○してみてはいかがですか?」とアドバイス的なことを助言してくれます。

逆に症状が重いと判断した場合は、薬を処方されるかと思います。
即効性に優れているインデラルのようなβ遮断薬
治療薬としてよく使われるデパスなどの精神安定剤あたりが一般的ではないでしょうか。

また、体質的なものが原因である場合は漢方薬を処方されるかもしれません。
β遮断薬や精神安定剤とは違い、即効性には欠けますが確実に改善するには1番でしょうね。

あがり症でクリニックを受診する人は近年、増加傾向にあります。
この機会に治療を始めてみてはいかがですか?