インデラル錠の通販・購入

インデラルであがり症対策

学校や会社である発表会やスピーチをはじめ就職や学校の面接などは、
あがり症に悩む方からすると本当に苦痛です。

 

極度の緊張で心拍数がとてつもなく上がってしまい足や手も震えだす・・・
頭も真っ白になってしまい失敗ばかりしてしまう・・・

 

こんな苦痛を感じることなく全くの平常心で
落ち着いて発表やスピーチができるようになれたら・・

 

そのような薬を探している方にはインデラルが最も合っている薬でしょう
インデラルを飲むと心拍数が抑えられ、極度の緊張からおこる激しい動悸も抑制し、
体の緊張状態も抑える事
が出来ます。

 

震えや赤面や緊張から来る多汗といった症状を抑えるのにもとても有効な薬で
あがり症と病院で診断されて処方される薬も大抵このインデラルになっています。

 

元々は、高血圧や狭心症や頻脈などのお薬として使用するものでしたが、
突発的な動悸や緊張を抑える頓服としての効果もある事で発表会や面接の前などに服用する利用者がとても多くなっています。

 

また歌手がステージに立つ前に飲んでいる事でも有名ですね。
まさにあがり症の為の薬という認知のされ方をされているほどです。

 

あがり症で薬を使う事に抵抗がある方の場合も、頻繁に使わずに重要な面接や会議や発表の時だけ使用するような形にしたり
常備しているという安心感を得るのにもとても役に立つと思います。実際にインデラルを服用して場慣れした事により、
自然とあがり症が改善され薬に頼らなくても大丈夫になったケースもあります。

 

インデラルは、処方薬ですので基本的には医師の診察を受けないと購入する事ができませんが、精神科なんかに行かなくても薬だけ欲しいという方は個人輸入の通販であれば自宅に居ながら処方箋不要で購入する事ができます。

 

▼インデラルが処方箋なしで買える通販サイト▼

インデラルの使い方・使用方法

あがり症の対策で使用する場合

10mg〜20mgを緊張する場面の約30分〜1時間前に服用する。

本来の使い方(高血圧や頻脈の治療)

1回1〜2錠(10〜20mg)を1日3回服用を行い、効果が不十分なら120mgまで増やします。

インデラルは、飲んでからすぐに効き目が出てくる薬で
飲み始めてからの最高血中濃度は1時間半後、半分の濃度になるのが4時間程度と言われています。ですので、

 

あがり症の対策として使う場合は大事な面接や発表の30分〜1時間くらい前に飲むのが良いでしょう。
効き目は10mgの配合量で十分です。もし効き目が足りないようなら20mgを飲みますが
最初は少ない量から始めるのがベターです。

インデラルの副作用

インデラルは効き目が凄い分、副作用も凄いのではと思うかもしれませんが
まずインデラルは抗不安薬などと違い依存性はなく使い続ける事で効き目がなくなってくるという事もありません。

 

インデラルは古くからある薬で本来の目的で、長期間使い続けた人のデータもしっかり取れている薬です。
重大な副作用が起こった情報はほとんどない為、基本的にはそれほどキツイ副作用のある薬ではないといっていいでしょう。

インデラルの副作用としては極めてまれではありますが、眠気・疲労感・眩暈・息苦しさ等の副作用が報告されています。また長期服用により悪夢を見る、不眠になったなどの副作用も報告されています。

10000以上の症例の0.1〜5%未満で発生した副作用ですので、用量を守ればあまり発生する事もなく使用する事ができます。
しかし念の為、服用後の車の運転などは控えるようにしましょう。

 

▼インデラルが処方箋なしで買える通販サイト▼

 

インデラルを飲んでも不安はあまり消えない

インデラルを飲めば心拍数が抑えられドキドキや震えは改善されますが、
不安感にはあまり効く薬ではありません。

 

ですので飲んだ後に不安感は凄いあるのに心臓の脈拍は落ち着いているというちょっと変な感覚になる事があります。

 

こういう不安や発表などの前日のとてつもない不安感を消したいのなら
抗不安薬のデパスという薬がとても有効です。

 

 

 

このデパスは飲むと今まであった不安が全部飛び、気持ちがリラックスしポジティブにさせてくれる薬で
あがり症に用いる際のインデラルとの併用に最もオススメできる薬です。

 

デパスも個人輸入であれば処方箋不要で購入する事ができます。
⇒デパスの事をもっと詳しく知りたい

 

あの島田紳助さんもTVの収録前には必ず精神安定剤を飲んでいたようです。
あなたの知り合いでいつも堂々としている人も、もしかしたらこのような薬に頼っているのかもしれませんよ。